【猫】カーペットに吐いた!シミの掃除方法を紹介 | ゆうきYUKIの巣 

【猫】カーペットに吐いた!シミの掃除方法を紹介

猫 カーペット 吐いた ゲロ 嘔吐 吐き戻し シミ 掃除 消し方 オキシクリーン ニオイ 消臭

猫と暮らしていると、吐き戻し・ゲロ・ゲボ・毛玉吐きは避けて通れないです。

毛玉を吐いたり、食べたカリカリを吐き戻したり…。

猫が吐いてしまうのは仕方がない!と思っていますが…吐く場所がカーペットだった場合、シミが出来てしまいます!!

カーペットに汚れたシミが付いて消えない…という人も多いかも。

猫がカーペットに吐いた場合の掃除方法(シミ落とし)をご紹介します。

【猫】カーペットにゲロ吐いた!掃除方法は?

【猫】カーペットに吐いたらシミが残る…

我が家は、猫のためにカーペットを敷いています

(フローリング上で走ったりジャンプすると関節に悪いですし、滑って骨折する可能性もあるから)

猫のためにはカーペットが良い!と思いますが…毛玉やゲロを吐いた時ばかりは「カーペットやめたい…」と思ってしまうこともあります

タイルカーペットに吐いた場合は、その場所だけ洗えるので掃除も楽です。

猫 ペット カーペット おすすめ タイルカーペット 安い 洗える

水洗いできるのでシミになりませんし。

しかし、普通のカーペットを敷いている部屋で吐いたら…シミになってしまうんですよね。

嘔吐物を取り除いて、水で拭いてもカーペットにはシミが出来ちゃいます

ごはん(カリカリ)と似た色のシミができます…

猫がカーペットに嘔吐してしまった時の掃除方法をご紹介したいと思います。

猫がいる家では、吐いた部分だけ洗えるタイルカーペットがおすすめです。

我が家も、リビングはタイルカーペットを敷いています。▼

【猫】カーペットに吐いた時の掃除方法(シミがない)

猫が吐くのは、毛玉・ごはん(カリカリ)・胃液など種類は様々です。

毛玉だけをキレイに吐けたなら、カーペットがシミになることもありません

猫草を食べて、草だけを吐き出す時も特に汚れはありません。

カーペットにシミがない時の掃除方法をご紹介します

<通常のカーペット掃除>

ゲロをティッシュで包んで捨てる。

まずは、猫の嘔吐物そのものを取り除きます。

そのまま捨てられるティッシュで包むのがおすすめ。

ティッシュで水分を取る。

水分を取るため、ティッシュで押さえます。

水分がなくなるまでティッシュを重ねます。

水スプレーをして汚れを取る。

吐いたゲロの臭いを取るため、水スプレーをかけて少し濡らした後、雑巾やティッシュで拭き取ります。

多少の汚れなら水スプレーでも落ちます。

ペット用の消臭スプレーをかけて乾燥させる。

水だけで臭いが取れているのか不安なので、ペット用の消臭スプレーをカーペットにかけておきます。

そのまま乾燥させると掃除は終了です。

シミができなければ、水でも十分キレイになります

ペット用の消臭スプレーは便利なので、1本は用意しておくと良いです。

JOYPET(ジョイペット) 天然成分消臭剤オシッコのニオイ・汚れ専用 270ml(amazon▼)

【猫】カーペットに吐いた時の掃除方法(シミがある)

ごはん(カリカリ)を吐き戻したり、毛玉と一緒に胃の内容物を吐くこともあります。

そんな時は、カーペットにシミができてしまうことが多いです。

カーペットにシミができてしまった場合の掃除方法をご紹介します。

<シミがある掃除方法>

私は、カーペットのシミには「オキシクリーン」を使っています!

ゲロをティッシュで包んで捨てる。

通常の掃除と同じ

ティッシュで水分を取る。

通常の掃除と同じ

水スプレーをして汚れを取る。

通常の掃除と同じ

オキシクリーンの液体をシミ部分にかける。

オキシクリーン液を用意し、シミになっている汚れ部分に散布します。

カーペットの裏が畳の場合、水分が畳に移るのでタオルを敷いておいた方が安心です。

キッチンペーパーでパックする。

シミ部分が乾燥しないようにキッチンペーパーでパックします。

10分~30分ほど放置する。

カーペットの毛までオキシクリーンが行き渡るようにブラシで濡らします。
水拭きを何度もして、オキシクリーンをキレイに拭いたら終了。

パックしていたキッチンペーパーを捨て、何度か水拭きをしたら終了です。

汚れが落ちにくい時は、ブラシでこすると落ちやすくなります。

よく見たら分かるかも…でも、十分キレイになりました!

オキシクリーンがない場合は、食器用洗剤や洗濯洗剤、重曹なども使えます。

色々と試しましたが、個人的にはオキシクリーンが一番シミが落ちやすい気がします。

私は、普通のオキシクリーンを使っていますが、「カーペットクリーナー(ペットによる汚れ用)」という商品もあります。

よくペットがカーペットで粗相をするなら、1本あっても良さそうですね。

オキシクリーンは、シミ取りだけじゃなく猫の布製品を洗う時も活躍しています。

オキシクリーンは汚れだけじゃなく、ペットの不快なニオイも消してくれます。▼

猫のトイレ掃除にもオキシクリーンは使えます!

通常はクエン酸で掃除していますが、特にニオイを消したい場合、普段よりキレイにしたい時はオキシクリーンを使います。▼

感想

猫がカーペットに吐いたら、ほとんどの場合、シミができちゃいます。

タイルカーペットなど洗える物なら良いですが、大きなカーペットだと洗うのは無理です。

シミは放置するとニオイの原因になるし、見た目も汚くて目立ちます。

私は、オキシクリーンを使って漂白・消臭しています!

猫を飼っているなら、オキシクリーンは掃除・洗濯にも使えるのでおすすめアイテムです。

ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください