【汚れ・タオル臭対策】オキシクリーンを粉ごと洗濯機に入れるだけで効果抜群! | ゆうきYUKIの巣 

【汚れ・タオル臭対策】オキシクリーンを粉ごと洗濯機に入れるだけで効果抜群!

オキシクリーン 洗濯 そのまま投入 溶かさず 汚れ

ゆうきYUKI

こんにちは! 可能な限り、面倒なことはしたくないと思ってしまう人間です。

話題のオキシクリーンを「オキシ漬け」して洗濯に活用している人、多いみたいですね。

でも、オキシクリーンってお湯(40℃~60℃)で溶かす必要があります。

その手間が面倒すぎて、我が家では洗濯にオキシクリーンは使用していませんでした。

しかし、ある日、オキシクリーンを粉のまま投入して洗濯すると…きれいに汚れが落ちてる! タオルの嫌なニオイも消えてる!

粉のまま洗濯しても効果があるんですね!

オキシクリーンをお湯で溶くのが面倒だと思っている人、私もです。

そんな人に読んで欲しい、私のズボラなオキシクリーンの活用術です。

日常の汚れ落とし・タオル臭の対策におすすめです。

オキシクリーン

オキシクリーンは、洗濯、漂白、掃除など色々な場面で使える酸素系漂白剤です。

コストコで販売されているアメリカ版(泡立つタイプ)から人気に火が付き、今では通販でも手に入れることができます。

 

このオキシクリーン、私は風呂釜掃除に使ったり、水筒の漂白剤として使ったり、トイレ掃除に使用しています。

洗濯洗剤なのに洗濯には使わない、という使い方。

 

だって、オキシクリーンはお湯(40℃~60℃)で溶かしてから使う洗剤なので…面倒くさくて無理

 

きっと、我が家に洋服をドロドロに汚す子供がいたら必要に駆られてオキシクリーンを溶かしていたと思います。

でも、大人2人+猫の生活は…正直、そんなに汚れないんですよね。

なので、わざわざオキシクリーンを溶かしてオキシ漬けする必要が感じられず…。

 

しかし、今では毎日オキシクリーンを洗濯に使っています!

 

オキシクリーンを溶かさず洗濯機に入れてみた

靴下汚れに粉のままで効くのか?

ある日、サンダルに靴下を履いて出かけました。

帰宅してから靴下を脱ぐと…白い靴下が汚れていました。

オキシクリーン 洗濯 そのまま投入 溶かさず 汚れ(ちょっと写真では見えにくいですが、このまま人の家に行けない程には黒くなっています。)

 

ハイターに浸けるか? それとも、洗濯機に入れる前にもみ洗いするか?

 

迷いました。

迷って、面倒だと思いました。

 

一かバチか、オキシクリーンを粉ごと投入してやれ!

 

という訳で、オキシクリーン+普段使っている洗剤で洗濯しました。

 

そしたら、汚れが落ちてたんです!!

オキシクリーン 洗濯 そのまま投入 溶かさず 汚れ

白くなりました!

 

もう一度、オキシクリーン前の写真を見てみます。

オキシクリーン 洗濯 そのまま投入 溶かさず 汚れ

オキシクリーン後がこちら。

オキシクリーン 洗濯 そのまま投入 溶かさず 汚れ

写真で見ると光の角度などで見えにくいですが、実物は完璧に白さが戻っています!

 

あんな軽い汚れなら、オキシクリーンを入れなくても普通の洗剤で落ちるんじゃない?

と思う人もいると思います。

 

しかし、サンダル+靴下のコーディネートをしたのは2回目なんです。

前回汚してしまった靴下は、普段通りに洗濯をしました。

すると汚れは落ちておらず…仕方なく、もみ洗い+ハイター漬けをしました。

普通の洗剤だけじゃ、落ちないことは経験済み!

 

ただの洗濯じゃ落ちないって分かっているくせに、もみ洗い+ハイター漬けをしなかった私がいかに面倒くさがり屋なのか伝わるエピソードです(笑)

なので、オキシクリーンが汚れに作用したのは間違いありません!!

 

オキシクリーン
頑固な汚れじゃなければ、粉のまま洗濯機に入れるだけでも効果はある!

 

タオル臭問題にもオキシクリーンが効いた

オキシクリーンを粉のまま洗濯機に入れて洗っただけで靴下が白くなってからというもの、毎回オキシクリーンを投入するのが習慣になりました。

まだ黄ばんではいない、けど目に見えていないTシャツの汚れなどに効果があるだろう!

と、汚れ落ちについての期待を込めて使用を続けていました。

 

するとある日、気づいたんです。

 

ゆうきYUKI

うちのタオル、臭くない!!

 

実は、タオルが臭かったんですよね。

洗濯&乾燥したタオルは臭わないのに、お風呂上りなどに使って水分を含むとクサい!

濡れて数時間が経過したタオルならニオイが出るのも分かりますが…我が家のタオルは、髪の水分を取った直後から「んん??」と、かすかなニオイを感じていました。

 

雑菌かなぁ?

ハイターなどの漂白剤に浸けたり、洗剤の量を少し増やしたりしましたが、イマイチ効果は薄い!

 

タオルを新しくしろってこと?

まだ1年しか使ってないから、全部買い替えるのはもったいないなぁ…。

タオルは1年ごとに買い替えると良いんでしょうけど、一気に買うと高いので踏み出す勇気がなくて。

 

タオルは無印と今治タオルを使用しています▼

今治タオル ふわふわ 持続
「無印のタオル」と「今治タオル」を比較! 6ヵ月使用で、リピートすべきタオルが判明。

 

 

どうやら、オキシクリーンを加えて洗濯していたことでタオル臭の原因であった雑菌がなくなったようです!

完璧に無臭になりました!

 

それに、心なしかタオルも白くなってます

もちろん、1年使用したタオルなので真っ白にはなりませんが、「くすんでるのかな?」と感じていた色味が少し白に戻ってる感じ。

(もっと効果を感じたい場合は、オキシクリーンをお湯(40℃~60℃)に溶いてタオルをオキシ漬けしたら良いと思います。)

 

恐るべき、オキシクリーンの効果!

オキシ漬けはもちろん効果抜群なんでしょうが、粉のまま使用してもある程度の問題なら解決してくれそうですよね。

 

オキシクリーンを粉のまま洗濯機に入れて実感したこと
  • 靴下やタオル、Tシャツなどの汚れを落としてくれる
  • 雑菌臭を消してくれる

 

少量なら粉のまま洗濯機に入れても大丈夫

公式の使用方法でも紹介されている

オキシクリーン=オキシ漬けのイメージがありましたが、少量のオキシクリーンなら粉のまま洗濯機に入れて大丈夫なんです。

私が知らなかっただけで、オキシクリーンの公式サイトで紹介されている使い方でした!

お洗濯の場合 衣類についた頑固な汚れ・汗じみ・カーテンの汚れなど

https://www.oxicleanjapan.jp/howtouse/

出典:オキシクリーン日本公式サイト

洗濯方法
洗濯槽に直接、オキシクリーンを入れるだけ!

※ 洗剤投入口には入れない!

 

<オキシクリーンの量>

  • アメリカ版:軽量スプーンのライン1
  • 日本版:キャップ/ 軽量スプーン1杯

日本版には、500gのボトル(キャップ)と1500g(スプーン)があり、どちらでも28gの量になっています。

 

私は、日本版の500gボトルと1500g入りを使用しています。

キャップ1杯分のオキシクリーンを、洗濯物を入れる前に洗濯槽に入れるだけなので簡単ですよね。

 

500gボトル▼

我が家では、500gボトルは洗濯用に洗面所。

1500gは、その他使いのためパントリーに収納して使い分けています。

 

1500g▼

 

これからも洗濯にも使うなら、量がたくさん入ってるアメリカ版の方がいいのかな?と悩んだりしてます▼

 

洗濯に使う場合の注意点

ただし、洗濯にオキシクリーンを使用する場合は注意点があります。

ウール・ウール混紡・シルク・革製品などには使えません!

洗濯する素材を確かめた上でオキシクリーンを使うかどうか決める必要がありますね。

 

私は、タオル類・パジャマ・Tシャツ・靴下・下着をオキシクリーン入りで洗濯しています。

それ以外の、おしゃれ着などは元々タオルなどとは別に洗う習慣がついていたので、そちらにはオキシクリーンは加えません。

 

 

まずは、小さな500gから試してみることをおすすめします▼

 

私が実践しているオキシクリーンの使い方▼

aoyama premiere タンブラー 漂白 着色 酸素系漂白剤 オキシクリーン
【オキシクリーン】ステンレスの水筒・タンブラーをハイターに浸けるのは間違い! 塩素系ではなく酸素系漂白剤。
オキシクリーン トイレ掃除 床 壁 ニオイ 消える
掃除してるのにトイレが臭い! クエン酸でもサンポールでも消えなかったニオイがオキシクリーンで消滅!
オキシクリーン 風呂釜 浴槽 配管 掃除
【オキシクリーン使用方法】オキシクリーンで風呂釜掃除が安く簡単に! 浴室、小物も一緒にオキシ漬けしよう。

感想

オキシクリーンは、オキシ漬けが有名なので粉のまま使うイメージがありませんでした。

しかし少量なら粉のまま洗濯機に投入できます。

靴下の汚れを落としたり、タオルの嫌な臭いを消してくれたりするので毎回の洗濯で使うようになりました!

もちろん、頑固な汚れにはオキシ漬けが効果的だと思いますが、粉を洗濯に使えるのは日常的に簡単に行えるのでズボラな私でも続けられそうです。

 

ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください