洗濯槽カビはオキシクリーンよりクリーナー!カビ分解は塩素系に任せる! | ゆうきYUKIの巣 

洗濯槽カビはオキシクリーンよりクリーナー!カビ分解は塩素系に任せる!

洗濯槽 オキシクリーン 塩素系 クリーナー ドラム式 パナソニック 槽洗浄コース カビ ほこり

ゆうきYUKI

こんにちは! ドラム式洗濯機を使っています。

オキシクリーンがあるから、洗濯槽の掃除をオキシクリーンでしよう!」と思いました。

しかし、オキシクリーンはカビを分解しないんです!

オキシクリーンで洗濯槽のカビ掃除をするなら…お湯をためたり、カビ・ホコリをネットですくう必要があります。

しかし、塩素系の洗濯槽クリーナーならボタン1つ押すだけで洗濯槽のカビを除去できます。

オキシクリーンで掃除しても良いけど、できるなら簡単に洗濯槽をきれいにしたい!と思い、塩素系の洗濯槽クリーナーを選びました。

私がオキシクリーンより洗濯槽クリーナーを選んでいる理由はなぜなのか?

オキシクリーンと洗濯槽クリーナーの違い、洗濯槽クリーナーを使った掃除方法についてご紹介します。

オキシクリーンと洗濯槽クリーナーの違い

オキシクリーン

オキシクリーンは、酸素系です。

aoyama premiere タンブラー 漂白 着色 酸素系漂白剤 オキシクリーン

<オキシクリーンのメリット>

  • 発砲で汚れをはがして落とす
  • 肌や環境にも優しい
  • お湯を使った方が効果的

 

我が家にもオキシクリーンがあるので、ぜひ有効活用したい!と思いました。

しかし、気になる点もあります。

<オキシクリーンのデメリット>

  • 塩素系よりも殺菌力が弱い
  • お湯を入れる必要がある
  • 汚れを落とすだけなので、落ちた汚れが大量に浮いてくる

お湯を入れるのが面倒だし、何より汚れが大量に浮くのは嫌ですね…。

 

まず、オキシクリーンでカビ除去するための方法が面倒なんです。

<オキシクリーンを使った槽洗浄の方法>

  1. 湯を洗濯槽にため、湯で溶かしたオキシクリーンを入れたら「洗濯」モードで運転。
  2. 排水する前に、3時間ほど浸け置きし、浮いてきた汚れをネットで拾う。
  3. 「すすぎ」「排水」モードで運転したら完了。

 

湯を洗濯槽にためる作業だけで疲れ切ってしまいそう…湯をこぼして周囲が濡れそうだし。

何より面倒なのが浮いたゴミをネットで拾うこと!

 

お風呂用のネットを使う人が多いようです▼

 

わざわざ、ネットでゴミ拾いなんて面倒くさいなぁ…と思っていましたがオキシクリーンだとカビを分解できないので、そのまま排水すると詰まる恐れがあるんですね。

 

注意
オキシクリーンは、汚れを浮かしてはがすだけなので洗濯機の排水口が詰まらないようにゴミをネットで拾う必要がある。

うーん、どう考えても手間がかかりますね。

 

 

しかし、汚れ・カビがひどくない場合はオキシクリーンでも良さそうです。

カビをネットですくう必要がない程度の汚れ(排水が詰まらない程度)なら、そのまま排水しちゃって大丈夫でしょうし。

 

 

洗濯槽クリーナー

洗濯槽クリーナーは、塩素系です。(市販されているクリーナーのほとんど種類が塩素系)

洗濯槽 オキシクリーン 塩素系 クリーナー ドラム式 パナソニック 槽洗浄コース カビ ほこり

<塩素系の洗濯槽クリーナーのメリット>

  • 非常に強い殺菌力を持っている
  • 冷たい水でも使える
  • 見えない菌も分解する

 

塩素系の洗濯槽クリーナを使う場合は、作業はとても簡単です。

<塩素系の洗濯槽クリーナーを使った槽洗浄の方法>

  1. 洗濯槽にクリーナーを入れて「槽洗浄」コースで運転するだけ。
    (槽洗浄コースがない場合は、通常の標準コースで運転しても大丈夫)

 

塩素系は、カビ・菌を分解するのでネットですくう必要がありません。

また、冷たい水でも使えるのでオキシクリーンのように湯をためる必要もありません。

洗剤を入れたら、ボタン一つだけで私の作業は完了!

…こうして考えると、塩素系の洗濯槽クリーナーの方がオキシクリーンより優れていると感じます!!

 

しかし、塩素系で気になる点もあります。

<塩素系の洗濯槽クリーナーのデメリット>

  • ツンとしたニオイ
  • 衣類・肌への刺激

どうしても酸素系であるオキシクリーンに比べると塩素系は刺激が強くなってしまいます

 

しかし、私は実際に塩素系の洗濯槽クリーナーでカビ洗浄をしましたが…ニオイは気になりませんでした!

「槽洗浄」コースを選んだので、きちんとすすぎ・排水してくれたのかもしれませんね。

衣類・肌への刺激も…感じませんでした。

むしろ、洗濯槽の中にあるカビ・菌が分解されたんだろうなーと考えるとスッキリした気持ちになりました。

 

塩素系を使用した場合のニオイ・刺激は、個人差があるんでしょうね、きっと。

私なんて家事で楽したい&ニオイも刺激も感じないタイプなので…塩素系に何のデメリットも感じない!

 

オキシクリーンと洗濯槽クリーナーは使い分けるべし!

オキシクリーンと洗濯槽クリーナーは、使い分けするのが良さそうです。

使い分けの方法
  • 新しい洗濯機、頻繁に洗濯槽の掃除をしている場合は:オキシクリーン
  • 長い間、洗濯槽の掃除をしていなかったり、カビがひどい場合:塩素系のクリーナー
  • あまりに汚れが多い場合:オキシクリーンで掃除した後に塩素系クリーナー

 

我が家では、普段の洗濯の際に洗剤としてオキシクリーンを投入して衣類を洗っているので洗濯槽は汚くないと予想しています。

なので半年に1度程度、塩素系の洗濯槽クリーナーで汚れを落とすだけで十分かもしれません!

 

 

オキシクリーンを洗剤として使うと洗濯槽だけじゃなく、衣類も漂白&消臭されます。

参考記事>>【方法】オキシクリーンを洗濯機に入れるだけ洗濯を実行中!臭い・黒ずみ・カビに効果ありで詳しく紹介しています。

 

塩素系 洗濯槽クリーナーを使ってみた

パナソニックのドラム式に塩素系の洗濯槽クリーナーを使用してみました。

クリーナー1本まるごとを洗濯槽に直接入れるだけなので簡単です。

あとは、槽洗浄コースを選ぶだけ!

洗濯槽 オキシクリーン 塩素系 クリーナー ドラム式 パナソニック 槽洗浄コース カビ ほこり

メーカーによって異なりますが、私が使用しているパナソニックでは、5時間以上かかりました。

 

間違っても、洗剤投入口からクリーナーを入れないように!

洗濯槽 オキシクリーン 塩素系 クリーナー ドラム式 パナソニック 槽洗浄コース カビ ほこり

 

洗浄が終わった後、洗濯槽の中・排水フィルターを見てみましたが汚れはありませんでした。

きちんと塩素の力でカビ・菌を分解しているので残らないってことですよね。

 

とても、すっきりしました!

 

ちなみに、私が使用しているクリーナーはLOHACOで購入しているんですが…安いんです。

アリエールやカビキラーなど有名メーカーの物でも良いんですが、なるべく安くしたくて探し回りました。

普通は1本あたり200円程度ですが、洗濯槽クリーナー スッキリ 550gは138円(2018年12月時点)で買えました。

中身はほとんど変わらないはずなので、半年に1回だとしても安い価格が良いなーと思いまして。

洗濯槽クリーナー スッキリ 550g(LOHACO▼)

 

毎月LOHACOで日用品を注文していますが、かなり便利です。

参考記事>>毎月LOHACOを使う私がおすすめする買ってよかった・リピートしている物でお得な商品を紹介しています。

 

メーカー専用の洗濯槽クリーナー

また、パナソニックや日立など専用の洗濯槽クリーナーも販売されています。

市販の塩素系クリーナーより効果があるようなので、ここぞ!という時に使うと良さそうです。

日立

日立の洗濯槽クリーナー▼

LOHACOにも売っています>>日立 洗濯槽クリーナー(LOHACO)

パナソニック

パナソニックの洗濯槽クリーナー(ドラム式専用)▼

LOHACOにも売っています>>パナソニック 洗濯槽クリーナー N-W2 ドラム洗濯機用(LOHACO)

 

パナソニックの洗濯槽クリーナー(タテ・ドラム用)▼

LOHACOにも売っています>>パナソニック 洗濯槽クリーナー N-W1(LOHACO)

 

東芝

東芝の洗濯槽クリーナー▼

 

シャープ

シャープの洗濯槽クリーナー▼

LOHACOにも売っています>>シャープ 洗濯槽クリーナー(LOHACO)

 

 

ドラム式のフィルターは定期的に掃除しなくちゃいけません

参考記事>>【ドラム式洗濯機】乾燥フィルター・隙間・排水フィルター掃除で出たホコリ…ヤバい!!で詳しく掃除方法について紹介しています。

感想

洗濯槽のカビ・菌を除去するためにオキシクリーンを使うべきか、塩素系クリーナーを使うべきか悩んでいましたが、私は塩素系クリーナーを使用したいと思います。

オキシクリーンは人・衣類に優しいですが効果も穏やかな効き目です。

また、カビを分解できないのでネットですくったり、お湯を使用する必要があります。

しかし、塩素系クリーナーは水で使用可能、カビを分解するのでボタンを押すだけで洗濯槽の掃除ができます。

ニオイや刺激が強いと感じる場合もあるので、個人の好みで選べば良いと思います。

塩素系クリーナーですっきり洗濯槽をきれいにすることができて良かったです。

半年に1度の習慣として続けていきます。

 

ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください