【ガサガサかかとケア】入浴中の軽石は間違い!「ドクターショール 電動角質スムーザー」実際のレビュー体験談。 | ゆうきYUKIの巣 

【ガサガサかかとケア】入浴中の軽石は間違い!「ドクターショール 電動角質スムーザー」実際のレビュー体験談。

ドクターショール ベルベットスムーズ電動角質リムーバー かかとケア ガサガサ 角質

ゆうきYUKI

こんにちは!30代超えてから、かかとの角質が厚くなった気がします。

 

夏が近づくと、サンダルを履くことが多くなりますね。

そうなると、かかとの角質が気になります。

若い時は、大したケアをしなくてもツルツルだったのに、30代を超えてから角質が厚くなっているような気がする…。

年齢を重ねるにつれて、かかとの角質は分厚くなっていく傾向にあるようです…。

 

そんな私のかかとケアは、軽石を使っていました。

でも、軽石は間違いだったんです!

間違ったかかとケアをやめて、効果があり&肌に優しいケアをご紹介します。

 

今まで行ってきた間違ったかかとケア

お風呂で水分を含んだかかとに、軽石を当て、こする

今まで、何年も実践してきました。

そんなに頻繁ではなく、たまーに思い出した時にこする程度。

 

先日、ダイソーで軽石を買ってきました。

ダイソー ヒアルロン酸 軽石 かかとケア 入浴中

「ヒアルロン酸」に惹かれたんですよね。

 

真っ白の軽石だし、付属の紐も白なので、浴室にあっても浮かないなぁ、と思いました。

ダイソー ヒアルロン酸 軽石 かかとケア 入浴中

 

パッケージを開けてみると…軽石の白いカスが落ちる…。

使い始めだから仕方がないのかな…?

ダイソー ヒアルロン酸 軽石 かかとケア 入浴中

とりあえず、お風呂で使ってみました。

うーん、まぁ100円なので、こんなものかな。

柔らかくなった皮膚を軽くこする。

お風呂に置いているなら、白いカスが出てもお湯で流せるので気にならないですし。

 

と、思っていた矢先のこと。

ネットで、「濡れた肌を軽石でこするのは、ダメ」の文字!!

濡れた肌は、軽石でこすってはいけません!

 

えぇー、今まで間違ったケアしてきたってことですか??

 

正しいかかとケアは、濡れていない肌に!

軽石ケアがダメな理由

今まで実践していた、入浴中の軽石でこするケア

皮膚が柔らかくなった状態だと、角質を削りやすいと思っていました。

そう、確かに角質は取りやすい。

その分、余計な肌まで削りすぎる可能性が高いんです。

 

入浴中の角質除去も足裏がふやけすぎているため、必要な角質も削ってしまい肌を痛めるのでNGです。

角質ケアは、肌が乾いた状態の肌に行いましょう。

出典:ドクターショール

 

柔らかい皮膚を、ゴシゴシこする。

その行為自体が、「外的刺激」になり、より角質が厚く作られる原因にもなるそうです。

 

必要以上に傷つけられると、守ろうとして余分に角質を作る。

うん、確かにちょっと考えれば分かります。

 

軽石は…捨てるのもったいないけど…仕方がないですね。

そもそも、軽石って角質ケアに向かないらしいです。

 

<軽石が角質ケアに向いていない理由>

無数にある空洞の中で雑菌やカビが繁殖してしまう事も少なくありません。

ただでさえ肌を削ってデリケートになっているお肌には雑菌だらけの軽石はとても危険。

極力、雑菌が繁殖しにくいプラスチック製のファイル(やすり)を使うようにしましょう。

出典:ドクターショール

 

私は、浴室に置きっぱなしでした…雑菌が繁殖していない! と言い切る自信はないです。

また、目が粗い軽石だと肌を傷つける可能性もあるようですね。

100円商品じゃ…目は粗いですよね、きっと。

 

なぜ今まで、疑問にも思わず入浴中にケアしていたんだろう…。

悔やまれます。

個人的には、軽石・やすりがお風呂用品と同じコーナーに売られているのが悪い気がします!

と、人のせいにしてしまいたくなります。

 

お風呂上りのかかとケアはOKか?

入浴後、皮膚は柔らかいですよね?

「入浴後、削りすぎない程度ならOK」と書いているサイトも中にはありましたが…。

 

入浴後のかかとケアは、やめた方が良さそう。

 

だって、削りすぎない程度を削るって難しい

「もう少し」「あと少しできれいになる」と思い、ついつい削りすぎてしまう可能性があります。

 

※とんでもなく分厚い角質に悩んでいるなら、良いかもしれませんが…注意しながらケアしてください!

 

正しくは、入浴前のかかとケア

ガサガサかかとの原因
  • 乾燥:冬の保湿不足。
  • 外的刺激:夏のサンダルなど。

どう気を付けて生活していても、乾燥してしまう時はあります。

夏のサンダルや外的刺激も、避けるのは難しいです。

ということは、かかとがガサガサになるのは仕方がない、ということ。

 

諦めて、正しいケアをし続けるしかありませんね!

 

私は、入浴前にかかとケアすることに決めました

入浴前の乾いた肌をこすることで、余分な角質だけを取り除くことができます。

そして、角質を削った後、大事なことがあります。

正しいケア方法
余計な角質を取り除く

 

その後、保湿をすることが大事

せっかく角質がなくなっても、乾燥していては再びカサカサになってしまいます!

きちんと、保湿をしてあげましょう!

 

軽石は目が粗い、ということなので。

どうやら、目の細かいやすりブラシが良いんですね。

 

 

一つは持っていても良さそうですね。

 

ドクターショール ベルベットスムーズ電動角質リムーバー

軽石は、勉強代と思い処分するとして。

 

実は、軽石以外のフットケア用品として、「ドクターショールの電動角質リムーバー」を持っているんです!

すっかり忘れていました。

 

ドクターショール ベルベットスムーズ電動角質リムーバー かかとケア ガサガサ 角質

 

電動角質リムーバーと、軽石のW使いをしていました。

これ、かれこれ使い始めて2年ぐらい。

大ヒット商品なので、持っている人も多いのではないかと思います。

ドラッグストアにも売っていたりしますよね。

 

ローラーが電動で回転し、素早く足裏のかかとを除去してくれます。

ただ優しくなでるだけで、角質を取ってくれる優れもの。

ドクターショール ベルベットスムーズ電動角質リムーバー かかとケア ガサガサ 角質 水洗い 

 

また、ローラーは横のボタンを押せば取り外して、水洗いが出来ます。

ドクターショール ベルベットスムーズ電動角質リムーバー かかとケア ガサガサ 角質 水洗い 

洗ってきれいに出来るのは嬉しいです。
※本体は防水ではありませんので、ご注意ください!

 

このローラー、消耗して古くなると交換可能です▼

 

ローラーの交換ができて使い捨てではない所も好きです。

 

しかも、電池のモチが良いんです!

2年も使っているのに、付属で付いていた電池がまだ切れません。

まぁ、かかとケアを頻繁にしていないという理由かもしれませんが…。

電池式だと、電源コンセントの有無で使う場所を限定されないのも良いですよね。

ドクターショール ベルベットスムーズ電動角質リムーバー かかとケア ガサガサ 角質 電池

 

 

ドクターショールを使ったケア
入浴前、電動ローラーを当てて角質除去 + 入浴後、きちんと保湿する。

 

シンプルで楽なケアですね。

これから夏に向けて、サンダルを履く機会が多くなると角質も厚くなります。

正しいケアをしようと思います!

 

ドクターショールの評価
使いやすさ
(4.0)
コンパクトさ
(4.0)
コスパ
(5.0)
総合評価
(4.5)

 

まずは、普通タイプがおすすめです▼

ピンクは、硬いかかと用です▼

 

口コミを見ていると、「頑固な角質は取れない」というような内容が書かれています。

 

肌のケアなどと一緒で、一度できれいになるのは難しいと思います。

一度のローラーで、ツルツルになったら…怖いですよね?

どれだけ肌削ったの?って。

かかとケアは、日々の積み重ねだと思うので、こまめにケアしてあげる必要があると思います。

 

 

角質を剥がす、削らないケア

やすり・ドクターショールなどで削ってもダメな場合は、他の角質ケアとW使いがおすすめです。

角質が厚い場合には、角質を剥がしてくれるパックがかなり有効のようです▼

ベビーフットは足裏の角質を削らずに自然にはがれるようにするフットピーリングパック。
履いて、浸して、洗い流すだけで、数日後からフルーツ酸によって柔軟化された角質が日々の歩行によってはがれおち、赤ちゃんのようなツルスベ素足に。
出典:Baby Foot
主成分がフルーツ酸というのは、安心して使えます。

 

靴下のようなパックを履いて洗うだけで、角質が剥がれてくる…なんだか興味深い!

ベロベロに剥けた後の、ツルツルの足は気持ちが良さそうですね!

あまり私の足ではベロベロにむけなさそうですけど…気になりますね。

 

保湿には、無印のホホバオイルがべたつかずおすすめです。目尻のシワにも使ってます↓

感想

かかとケアは、角質を除去し保湿することが基本ケアです。

角質の除去方法は、肌に負担のない方法にしなくてはいけません。

今まで私がしていた、入浴中の軽石ケアは角質を取り過ぎる可能性があるのでやめます。

入浴前に、電動角質リムーバーで角質を除去し、入浴後に保湿するようにしたいです。

また、厚い角質は、一度のケアで除去できない場合もあります。
そういう場合は、ピーリング効果のあるパックなどで角質を剥がしたりすると良いと思います。

日々の積み重ねなので、こまめにケアしていくことがツルツルのかかとへの一歩です。

 

ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください