【業務スーパー】こだわり生フランクのウインナーはアタリ商品なのか?ハズレなのか? | ゆうきYUKIの巣 

【業務スーパー】こだわり生フランクのウインナーはアタリ商品なのか?ハズレなのか?

業務スーパー こだわり生フランク ハーブ ウインナー

ゆうきYUKI

こんにちは! 業務スーパーの人気商品は、つい買いたくなります。

業務スーパーで人気のウインナーといえば、「こだわり生フランク ハーブ入り」です。

やっと購入して食べてみたので感想を紹介します。

まず、ハーブが好きな人は美味しく感じると思います。

その一方で、このウインナーを「まずい」と感じる人がいるのも理解できます。

こだわり生フランクは、アタリなのかハズレなのか…私はアタリだと思います!

美味しく食べるには工夫が必要だと感じています。

「こだわり生フランク」は、少量ずつアレンジ調理すると美味しく食べることができる!そんな素直な感想、私が試した調理法をご紹介します。

こだわり生フランク ハーブ入り

業務スーパーの冷凍食品の中で、よく口コミなどを見かけるのが「こだわり生フランク ハーブ入り」です。

業務スーパーのウインナーはピンからキリまであります。

業務スーパーならではの、大量に入ったウインナーを私は好きではありません。

業務スーパー ポーク&チキンウインナー 安い
【業務スーパー】まずい? お得?「業務用ポーク&チキンウインナー」の評価。

 

しかし、好きなウインナーもあります。

業務スーパー 鶏屋さんのハーブウインナー おすすめ
【業務スーパー】一番美味しいウインナー見つけた!「鶏屋さんのハーブウインナー」

 

ウインナーって人それぞれ好みがあるので、アタリ・ハズレで判断するのは難しいかもしれません。

しかし、私は「こだわり生フランク」はアタリ商品だと思います。

 

冷凍・量が多いので、食べきれるのか心配しながら購入してみました!

 

こだわり生フランク ハーブ入り ¥678

業務スーパー こだわり生フランク ハーブ ウインナー

豪華なバーベキューに出てきそうな、大きなウインナーが10本入った商品です。

1本あたり67.8円ですね。

 

きっちり空気が抜かれたパッケージに入っているため、取り出しにくかった…。

業務スーパー こだわり生フランク ハーブ ウインナー

しかも、腸詰ウインナーらしく繋がっているので境目を包丁などで切る必要があります

 

  • エネルギー:317Kcal
  • タンパク質:12.0g
  • 脂質:26g
  • 炭水化物:0.8g
  • 食塩相当量:1.1g

食べ方・注意点

「こだわり生フランク」という商品名からも分かるように、このウインナーは生です!

火を完全に通さなければ食べることができません。

注意
必ず、火を通してください!

フライパンで表面を焼いただけで食べたりしないでください!

 

調理方法:熱湯で15分ボイルします

私は、たっぷりのお湯の中に凍ったままのウインナーを入れて茹でました。

パッケージ案内によると、冷蔵庫に入れて3時間解凍させてからボイルするのが良いらしいです!

食べ方
たっぷりのお湯で15分間、茹でる

 

茹でた直後のウインナーです。

業務スーパー こだわり生フランク ハーブ ウインナー

火が通っているので、この状態でも食べることができます。

 

しかし、茹でた後フライパンで表面を焼く、と裏面に書いていますので…焼いてみました。

業務スーパー こだわり生フランク ハーブ ウインナー

表面は、プリッとした食感です。

普通の安いウインナーとは違い、豚の腸詰めらしい張りのある噛みごたえです。

天然ケーシング(豚腸詰め)のハーブ入りの生フランクです。

天然ケーシングを使用することで、外はパリッとした張りのある歯ざわりを生み出し、中は生ならではのジューシーな食感をお楽しみいただけます。

出典:業務スーパー

 

ウインナーの断面を切ってみると、粗挽きウインナーと同じように脂も入っていますね。

肉は、なめらかになるまでミンチされている感じではありません。

粗い肉なので、より肉を味わえる。

肉汁があふれるジューシーさです。

業務スーパー こだわり生フランク ハーブ ウインナー

味は、ハーブの香りと味が強いです。

その次に、豚肉の旨みが広がります。

高級なウインナーを食べている感覚です。

 

マイナス点

「こだわり生フランク」は、本格的な豚のウインナーで高級感を感じることができます。

しかしマイナス点もあり、私は「少し脂っぽいかな…」と思いました。

これを1本丸ごと食べると…かなりお腹も胸もいっぱいになる。

でも、このジューシーさが特徴のウインナーなので…文句を言うのは変かもしれませんね。

 

また、肉々しいということは豚肉を満喫する味ということ。

脂と食感、香りが豚肉なので、そういうのが「臭い」「独特」と感じる人もいそう…。

「こだわり生フランク」をマズイと言っている人は、きっと、この独特の豚の味と、脂っぽさ、そして最大の特徴であるハーブが苦手なんじゃないかな?と予想します。

私はハーブが好きなので嫌じゃないですが、普段、食べ慣れていない場合はツンとくる味・においかもしれません。

 

そのまま食べて「まずい」と判断するのは、もったいない気がするので工夫をしたら違う感想になるかもしれません。

脂っぽさを感じる人は、小さく切って料理に混ぜたり。

ハーブを弱めたい人は、ケチャップ・焼き肉ソースなど味が濃い料理にアレンジしたり。

 

 

アレンジ方法

「こだわり生フランク」は、そのまま食べるより調理でアレンジした方が断然美味しく食べることができると思います!

 

簡単ピザトースト

ウインナーの定番、ピザトーストにしました。

業務スーパー こだわり生フランク ハーブ ウインナー

トーストにケチャップ・塩コショウを振り、ウインナーをのせてトースターで焼きます。

レタスをちぎってのせ、塩・オリーブオイルをかけたら完成!

生の野菜とオリーブオイル、塩のおかげでウインナーの脂っぽさを感じません!

簡単なのに美味いんです。

 

ジャーマンポテト

我が家のウインナー料理の定番、ジャーマンポテトも作ってみました。

業務スーパー こだわり生フランク ハーブ ウインナー

ボイルしたウインナーを切っています。

ジャガイモ・玉ねぎ・ウインナーを炒め、コンソメ・塩コショウ少々で味付けをしたら完成です!

ジャーマンポテトは、ハーブの旨みをより感じることができて普通のウインナーで作ったものより本格的になりました。

ひとつ格が上、って感じのジャーマンポテトに仕上がり、大満足です。

 

他にも、美味しい食べ方があればその都度、ご紹介していきます。

 

 

冷凍系でオススメなのは味・コスパに優れた合鴨ロースです▼

業務スーパー 合鴨ロース 業務用 冷凍
【業務スーパー】冷凍の「合鴨ロース」が想像以上に柔らかい! しっかり味付きなのでアレンジ無限大。

感想

「こだわり生フランク」は、熱湯でボイルする手間はかかるし、豚肉の独特さ・ハーブが強い特徴のあるウインナーです。

しかし、好き嫌いが別れたとしても値段が安く、良くできているウインナーだと思います。

 

そのまま食べても美味しいですが、アレンジすることで脂っぽさ・豚肉の香りを軽減したり、よりハーブを生かせると思います。

一気に焼いて食べるのではなく、1~2本ずつ少量をアレンジしながら食べるのが正解だと私は思いました!

 

ありがとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください