【建売】仲介手数料を払いたくない!無料でもデメリットなかった。 | ゆうきYUKIの巣 

【建売】仲介手数料を払いたくない!無料でもデメリットなかった。

建売 仲介手数料が無料 体験談 払いたくない 高い 値引き

建売住宅を買う時、「仲介手数料って安くならないのかな?」「値引きって出来るのかな?」とネットで調べまくりました。

その後、無事に家を購入しましたが…我が家は、仲介手数料がかからない不動産会社を選んだため、仲介手数料は無料でした!

「仲介手数料がかからない不動産会社って大丈夫なのかな?」と心配する人もいると思います。

また、「仲介手数料がかからない=何かデメリットはある?」と不安に思う人もいると思います。

我が家は、仲介手数料が無料の不動産会社で良かったな!と思っているので体験談をご紹介します。

【建売】仲介手数料は高い!払いたくないんですけど!

【建売の仲介手数料】高いから払わない方が助かる!

家を購入する時に、必要なお金は色々あります。

その中で、削れるのは「仲介手数料」だと私は思います。

実際、新築建売を購入した我が家は「仲介手数料ゼロ」です。

その一つの支払いがなくなるだけで、かなり助かります、ホントに。

だって、仲介手数料って高い

仲介手数料の計算は、400万を超える場合、売買価格の3%が上限とされています。(消費税もプラスでかかる!)

5,000万円の家なら、170万を超える!!

【仲介手数料ゼロのメリット】住宅ローンの諸費用に使える

仲介手数料が浮けば、そのお金を住宅ローンの諸費用に使えます

「金利が低いから諸費用もローンで借りた方が良い」なんて聞いたりもしますが、諸費用は自己資金から出した方が良さそう!と私は思いました。

諸費用もローンで借りれますが、そうなると住宅ローンの審査に多少なりとも影響が出ます。

不動産会社の担当が言うには、「銀行からすると諸費用のお金ぐらい出せる方が安心して住宅ローンの審査を通せる」らしい。

まぁ、確かに…って思いますよね。

住宅ローンの審査に通りやすいだけじゃなく、金利が下がる可能性もあります。

実際、我が家は諸費用を自己資金で出すことで金利優遇されました。

ここらへんは、「金利が安いから全て借りるべき」と考える人もいるし、そもそも銀行がどう考えているかは正解がないので…自己判断になります。

浮いた仲介手数料を諸費用に回さなくてもいいだろうし。

払うお金が少しでも減ること自体が嬉しいですからね。

家を買うにあたり、現金は多めに用意している人が多いと思います。

その現金が、少しでも多く残ると…嬉しいですし安心感があります。

我が家の場合は、仲介手数料を無料にすることで支払い額を減らせたので良かった。

【建売の仲介手数料】値引きできる?

もちろん、この仲介手数料を値引き交渉することも可能です。

ただね、家を探すだけでも大変だし、ずっとバタバタ忙しいです。

運よく物件が見つかったら、その家本体の価格こそ少しでも値切り交渉したいのに…仲介手数料も値切るって…かなり疲れると思います。

しかも、家探しって仲介してくれる不動産会社の担当とずっと二人三脚でやっていくんですよね。

最初はお互い探り探りですが、色々な物件を見たり話をしていくにつれて「めちゃめちゃ丁寧に対応してくれるな」とか「こんなことまで質問に答えてくれてありがたい」とか思うようになっていくんです。

家の売買って、事前にネットで調べていても知らないこと・思ってもみなかったことが出てきます。

その疑問に答えてくれるのが仲介してくれる不動産会社なんですよね。

なので。

仲が深まった時に、仲介手数料の値切り交渉って…正直、やりにくい。

性格にもよると思いますが、私は言い出しにくいと思います。

我が家は、最初から「仲介手数料ゼロ」を宣伝している不動産会社に行ったので…「仲介手数料どれぐらい値切れるんだろう」など考える必要がありませんでした。

ただ、「仲介手数料が無料=良い不動産会社」とは限りません。

大事なのは、信頼できる担当であるか?ということだと思います。

仲介手数料が無料の不動産会社で、信頼できる担当と巡り合うのが一番ベストですね。

【仲介手数料が無料】デメリットはある?

仲介手数料がゼロの不動産会社を利用した我が家の感想としては、「仲介手数料ゼロで良かった」しかありません。

たまに、「仲介手数料が無料だとデメリットが多い」とか言う人もいるみたいですが、それは仲介手数料ゼロじゃない不動産会社の言い分だと思います。

仲介手数料が無料でも、怪しい不動産会社ではなかったし。

仲介手数料が無料でも、ちゃんと売買契約できたし。

「仲介手数料が無料だと、ちゃんと対応してくれない」というより、「仲介手数料が無料でも、そうじゃなくても、ちゃんと対応してくれない営業はいる」というのが正しいんじゃないかな?と思います。

どこの会社にも、誠実な対応をしてくれない営業はいると思う。

そんな担当に当たった場合は…残念。

それは、仲介手数料が無料なのか関係ない個人の資質だと思います。

仲介手数料が無料のデメリットはない!と思いますが、あえて挙げるとするなら「仲介手数料が無料じゃない物件もある可能性がある」ぐらいかもしれません。

仲介手数料を無料にできるのは、売り手から手数料を貰えるからなんですよね。

建売の有名どころなら、飯田グループとかが売り手で、私たちは買い手です。

建売 仲介手数料が無料でもデメリットはない 仲介手数料が半額 仲介手数料とは  利益

仲介した不動産会社は、売り手・買い手それぞれから手数料をもらえます。

仲介手数料を無料にしている会社は、買い手からの手数料は貰わないけど売り手から貰うので利益はあるよ!という感じ。

ただ、売り手の飯田グループと媒介契約をしていないと手数料はもらえません。

大手の飯田グループと契約していない不動産会社はないだろうけど、小さい工務店や地元で扱いがないような会社が売り手だった場合はその可能性があります。

我が家も、ある物件を問い合わせた時に「紹介はできますが、仲介手数料は無料ではなく半分かかります」と言われました。

売り手から手数料を貰えない物件の場合、買い手である私たちに請求するという形みたいです。

ここらへんは、その不動産会社によるかもしれません。

仲介手数料を半分請求する場合もあれば、全額もあるのかも。

「仲介手数料が無料だから選んだ不動産会社なのに意味ない!」と思うかもしれませんが、そこらへんは仕方ないと割り切って物件を探していました。

基本的には仲介手数料が無料の物件ばかりだけど、どうしても気になる物件が仲介手数料が必要なら仕方ないよね!と。

仲介手数料の有無のみで家探しをするのも変ですし。

我が家が挙げる「仲介手数料が無料のデメリット」は、この一つかな。

【建売の仲介手数料】無料だったら運が良い!ぐらいに思うべき

仲介手数料が無料だと嬉しいですが、あくまでも「無料だったらラッキー」ぐらいに考えた方が良いかもしれません。

無料に固執しすぎると、良い物件に巡り合えない可能性が出てきますし、仲介手数料を払った時に「損した気分」になってしまうかもしれません。

せっかく物件が決まったのに、マイナス感情に囚われるのは悲しいですからね。

誰かの参考になれば幸いです。

ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください