【無印】ネルシャツの毛羽立ちがひどくても捨てないで。ブラッシングしたら、まだ今年も着れるから。 | ゆうきYUKIの巣 

【無印】ネルシャツの毛羽立ちがひどくても捨てないで。ブラッシングしたら、まだ今年も着れるから。

フランネル生地 毛羽立ち ブラッシング

ゆうきYUKI

こんにちは! 冬はネルシャツ素材が温かい&可愛いので、よく着てます。

冬のファッションは、色々と悩みが多いです。

いくら気に入った洋服があっても、着ていくうちにセーターには毛玉、ネルシャツは毛羽立ちができてしまいます。

古いネルシャツを捨てようと思いましたが、ダメ元でブラッシングするときれいになり驚いたので紹介します。

ネルシャツの毛羽立ちは、少しのメンテナンスを加えるだけで解消します!

捨てようと思っていたネルシャツ、今年も来年もまだまだ着れそうです。

フランネル生地(ネルシャツ)

ネルシャツは、フランネル生地で出来たシャツの略称です。

表面が毛羽立ち軽くて柔らかいので、シャツ・パジャマ・シーツなど冬素材として人気ですよね。

私が持っているのは、白の無地のネルシャツです。

ネルシャツ フランネル生地 毛羽立ち

秋はアウターとして、冬はセーターの中に着たりしています。

白以外に、チェックのネルシャツも持っており、1枚あるだけで冬コーディネイトの幅が広がります。

 

ネルシャツのワンピースも可愛い▼

 

しかし、近くから見ると毛羽立ちがひどくなっていることに気づきました!

起毛している素材なので、どうしても着用&洗濯を繰り返すと毛羽立ってしまうんですよね。

 

今年は人前では着れないかもなぁ…。家の中で着るかな?

でも家の中でシャツを着るのは面倒だし、結局は捨てることになるかもしれないな。

 

そのため、無印で新しい白のネルシャツを購入しました。

 

しかし新しいネルシャツを買ったことを後悔することになりました!

だって、ネルシャツにブラシをかけたら毛羽立ちが解消されたんです。

 

ネルシャツの毛羽立ちをなくす方法

ブラッシング

新しいシャツを買ったので、古い毛羽立ったネルシャツを捨てようと思いました。

しかし、最近セーター類をブラッシングすることが習慣になっているのに、ネルシャツはブラッシングしたことがないことに気づきました。

捨てる前に少しブラッシングしてみよう! と軽い気持ちでブラッシングしてみました。

ブラシは無印の洋服ブラシを使っています。

無印 洋服ブラシ

すると、みるみるうちに毛羽立ちが解消されていきました!!

ゆうきYUKI

え! え、きれいになるじゃん!!!!

一人で驚きながらブラッシングの手が止まりません。

右半身だけブラッシングをした写真です。

ネルシャツ 毛羽立ち ブラッシング

左に比べ、右はきれいな表面になっているのが見えると思います!

全然違いますよね。

 

毛羽立っていた左側もブラッシングしました。

ネルシャツ 毛羽立ち ブラッシング

見違えるほど、きれいになりました。

 

もちろん、後ろもブラッシングします。

beforeネルシャツ 毛羽立ち ブラッシング

 

afterネルシャツ 毛羽立ち ブラッシング

白なので見えにくいかもしれませんが、実際に目で見ると一目瞭然なんです。全然違います。

 

「ちょっと古いシャツ着てるなぁ」と周囲の人にバレてしまうような古いシャツが、ここまで変化したことに感動しました!

 

毛玉ができていれば、毛玉クリーナーを使用します。

しかし、ネルシャツは生地が古くなり劣化したのだと思い込んでいました

その考えが間違いでした。

元々のフランネル生地の特徴である毛羽立ちが絡まっていたんだと思います。

起毛の絡まりをほぐしてあげると、きれいな状態になる!

 

これなら、新しいシャツ買う必要なかったのに…。

でも、今回はじめてネルシャツの救済方法を知ることができたので良かったです!

ネルシャツ素材のワンピースや、トートバッグなど欲しいアイテムは今までもありましたが、劣化を恐れてシャツしか使っていませんでした。

これからは好きなアイテムに手を出すことができます!

 

ネルシャツは、ブラッシングというメンテナンスを加えるだけで長持ちできることが分かりました。

ネルシャツ、怖くない。すぐ捨てない!

 

今は無印のブラシを使用していますが、もう少し値段の高いしっかりしたブラシを買ってもいいかもしれません。

レビューが良いので気になります▼

 

毛玉もブラッシングすることでかなり解消されます!

冬はブラッシングで大忙しです▼

毛玉ができやすい 毛玉取り器
すぐ洋服が毛玉だらけになる人! 手でちぎらないで! ブラッシングしよう。

感想

ネルシャツ(フランネル生地)は、起毛が絡まりやすいので毛羽立ちやすいです。

セーターもそうですが、起毛していたり毛羽立っている生地はブラッシングなどの手入れをするだけで長く着用できるようになります。

過去を振り返ると、ブラッシングなんてしたことがなかったので毛玉や毛羽立ちが量産されていたんだと思います。

そのため、短いサイクルで捨てていた洋服が山ほどありました。

洋服にブラシをかけ、大事に使おうと思います。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください