口内炎がよくできるので歯医者で歯を削ると激減!原因と対策が判明 | ゆうきYUKIの巣 

口内炎がよくできるので歯医者で歯を削ると激減!原因と対策が判明

ゆうきYUKI

こんにちは! 長年の腐れ縁、口内炎から解放されました!

昔から、口内炎がよくできていました。

自分で内頬を噛んだり、気づかないうちに発生していたり…1か月に何個もできる口内炎に悩まされていました。

自分は口内炎ができやすい人間なんだ、と諦めていましたが歯医者で口内炎のことを相談し歯を削ると…口内炎の発生が激減しました。

噛み合わせが悪かったり、歯の角が当たって口内炎ができているのかもしれません!

また、口内炎ができた直後にしておくべきこと&効果を高める薬の塗り方もご紹介します。

口内炎がよくできる

小さい頃から、よく口内炎ができていました。

口内炎ができる原因は、広く知られていると思います。

「口内炎ができた」と周囲に言うと、「疲れてるの?」「ビタミン取りなよ」「噛んだ?」などと返されることが多いと思います。

<口内炎ができる原因>

  • 免疫力の低下:疲れ、ストレス、食生活の乱れなど
  • ビタミン不足:粘膜が弱り炎症が起きやすくなる
  • 噛む:口の中を不注意で噛んでしまう

 

口内炎ができるたびに、「今の私には何が足りない? ストレスないし、ビタミン剤を飲んでるのに…」と疑問に思うことがよくありました。

不注意でガリッと噛んでしまった時は「やっちゃったよー…」と諦めもつきますが、噛んでいないのに口内炎ができると納得できない。

なぜできたのか分からないけど、とにかく口内炎がよく発生する。

1か月に1度以上は、必ず口内炎に悩まされる日々を送っていました。

しかも、口内炎って腫れるので間違えて噛んでしまうんですよね、何度も!

1個目の口内炎の近くに新たな口内炎ができて、2つの口内炎が繋がって大きなクレーター状の口内炎が完成してしまう…。

口内炎に悩まされている人なら、体験したことがあると思います。

 

歯科で相談してみた

口内炎についてネットなどで調べると「口内炎だと思っていても違う病気の可能性があるから病院へ行きなさい」と書かれていたりしますよね。

でも、自分の口内炎は明らかに病気じゃないだろうし…と思い、今まで一度も病院へ行ったことはありませんでした。

しかし、ちょうど歯科検診の予約日に口内炎ができてしまいました。

今までも、歯科の予約日に口内炎ができたことはありましたが「触られたら痛いから予約日をずらそう」と口内炎が治ってから行くようにしていました。

今回も迷いましたが、腫れのピークは越えたので怯える気持ちを抑え、予約通りに歯科へ行ってみました。

治療前に「今、口内炎ができているんです…」と伝えました。

私は口内炎を触ってほしくないので伝えただけなんですが、色々と質問をされました。

先生:「口内炎はよくできるの?」「いつも同じ場所にできるの?」

先生に言われてから考えてみると、確かに同じ場所にできることが多いことに気づきました。

すると、先生が口内炎ができている位置に当たる歯を削ろう!と提案してきました。

どうやら、歯が当たっている粘膜の部分に口内炎ができているようです。

私の下の歯は、きれいに真っすぐ生えておらず段差ができていて、その段差が尖っているために粘膜を傷つけてしまい、その傷が口内炎になってしまっているかも!とのこと。

噛んでいないのに歯が当たって口内炎ができるなんて考えたこともないので驚きました!

先生に鏡を持たされ見てみると、確かに口内炎に歯がずっと当たっていました。

普段、口内炎ができると唇を引っ張って見ていたので歯が触れているなんて気づきませんでした。

 

そこで、歯の端の角を丸く削りました

見た目も、触ってもどう変わったか分からないぐらいの変化です。

ほんの数分で終わった処置に、「本当に効果があるのかな?」なんて思っていました。

 

しかし、治療後しばらくして気づいたんです。

口内炎ができてない!!

 

もちろん、不注意で噛んでしまったら口内炎になるとは思います。

でも、原因も分からずいつの間にか発生していた口内炎はできなくなりました。

 

歯科で口内炎のことを相談するって大切なんだ、と身をもって実感しました。

口内炎だと思っているものが病気じゃないのかも判断してくれますし、原因なども探ってくれます。

 

いつも同じ場所だけ噛んでしまう場合、もしかしたら噛み合わせ・歯が尖っているのかもしれません。

また、知り合いの中には銀歯が原因で口内炎ができる人がいました…。(アレルギー)

口内炎って多くの人が経験することなので、私も含めて大げさに考えない人が多いと思います。

でも、専門家である歯科へ相談するのが一番良いんだと今回感じました!

 

効果のある薬の塗り方

歯科で口内炎を見てもらった時、薬の塗り方も教わりました。

口内炎用の薬ってドラックストアにも売っているので今まで何度も使用していましたが、口の中は唾液があるので薬がうまく塗れない!

塗ったとしても、すぐ薬が流れてしまう…ということを経験していました。

歯科で教わった薬の塗り方をご紹介しますね。

薬の塗り方
  1. 綿棒で傷口の水分を取る
  2. 新しい綿棒に薬を出す
  3. 薬を塗る

これだけ。

綿棒は、上下使えるので1本のみ用意するだけです。

綿棒で水分を取っておくだけで、薬がきちんと塗れる!

はぁー、確かに…って納得。

ちなみに、眠る前だけに塗れば良い、と教わりました。

 

水分を取り除く方法は、市販の塗り薬・散布薬の場合もできそうですよね。

せっかく薬を試すなら、少しでも効いてほしいですもんね。

ぜひお試しください。

 

噛んだ直後にできること

氷で冷やす

不注意でガリッと噛んでしまった時、絶対に腫れてきますよね。

そして、その腫れをまた噛んでしまい涙目になる…。

しかし、噛んだ直後に氷で冷やすと腫れを少し抑えることができます。

 

と言っても、これは歯科医に教えてもらった情報ではありません

 

ある日、ガリッと噛んだ時にコップの中にあった氷を口に入れて患部を冷やした私の体験談です。

なんとなく氷で冷やしていたんです。

そしたら、予想していたより腫れが小さかった!

もちろん、噛んだ力が弱かっただけの可能性もあります。

でも、私は口内炎があまり大きくならなかったように感じたんです。

腫れなかったから、同じ場所を噛んで口内炎を増やさずに済みました。

 

残念なことに、毎回効果があるわけではありません。

強くガリッといくと、冷やしても腫れます(笑)

それは仕方ないですよね、強くいっちゃったら…。

でも、体だってケガした時は冷却するし…少しは痛みが軽減してるんじゃないかな?と私は感じています。

 

口内炎を治すためにハチミツを塗る・塩をこすり付ける、なんて民間療法も聞きますが…かなり痛いです。(試しました)

でも、氷で冷やすのは痛くないので…私は氷を選ぶ!

氷で冷やした後は、きちんと薬を塗る!

清潔を保つ

また、口内炎ができない環境&これ以上悪くならないためには口の中を清潔に保つことが大切だそうです!

歯ブラシをしっかりすることはもちろん、マウスウォッシュなども使用しています。

今は、「クリニカ」のマウスウォッシュを使っていますが次回はこれを買いたい▼

水で薄めるのでコスパも良さそう。

 

何度も同じ場所に口内炎ができる場合は、迷わず歯科で相談することをおすすめします!

 

感想

よくできる口内炎に悩まされていましたが、歯科で歯を丸く削っただけで口内炎の発生が少なくなりました!

口内炎がよくできるなら、何か原因がある可能性があるので歯科へ相談することをおすすめします。

また、口内炎の薬は綿棒で水分を取ってから塗ることも教わりました。

噛んだ直後に氷で冷やすと腫れが抑えられるのは、私の体験談ですが効果があると感じているので続けようと思います。

痛い口内炎ができるのを少しでも減らし、できてしまっても早く治せるように努めたいと思います!

 

ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください