【猫のいたずら防止】化粧カバーなしだから猫が配管で爪とぎ! 100円のPPシートで配管カバーを簡単DIY。 | ゆうきYUKIの巣 

【猫のいたずら防止】化粧カバーなしだから猫が配管で爪とぎ! 100円のPPシートで配管カバーを簡単DIY。

猫 エアコン 配管 爪とぎ DIY

ゆうきYUKI

こんにちは!ゆうきYUKIです。

引っ越し後、エアコンの取り付け作業をしました。

業者さんに、「配管に化粧カバーつけますか?」と聞かれました。

しかし、化粧カバー代が1万だと言われたため、ついケチ根性で「いりません」と断ってしまいました。

しかしその後、エアコンの配管カバーはつけるべきだった! と後悔しました

猫が、テープ部分で爪とぎをしてしまうんです!

今更、業者に頼むのも嫌なので…お金をかけず自作DIYで配管カバーをつくりました!

ペットが配管テープで爪とぎをしてお困りの方、ぜひ参考にしてください。

 

エアコンの配管カバーは、壁の穴の位置が重要

エアコンの取り付け工事の時、「化粧カバーはつけますか?」と聞かれた経験はありますか?

 

<化粧カバーをつける理由>

  • 見た目が良い。
  • 配管の劣化を防ぐ。

 

追加費用が必要なため、化粧カバーをつけていない家庭も多いと思います。

私が提示された金額:10,000円

料金の目安
工事会社、配管の長さ等の状況により料金は異なりますが、室内・室外それぞれに5,000円~10,000円程度。

 

 

私は、断りました。

 

しかし、化粧カバーは、ペットを飼っている家庭では必要になる可能背があります。

穴の位置が、上の場合

最近の建物では、エアコンの周辺に配管を通す穴があることが多いと思います。

その場合は、配管自体が短くなりますし、天井付近なのでペットにイタズラされる心配は少ないと思います。

エアコンの配管を通す穴が上にある場合、化粧カバーの有無はお好みで判断してください。

 

穴の位置が、下の場合

化粧カバーが必要になる可能性があるのは、配管を通す穴が下にある場合です。

私が引っ越して来たマンションは古いため、配管を通す穴が足元にあります。

エアコン 配管 猫 爪とぎ

下まで配管が伸びている分、視界に入りやすくなり景観を損ねます

また、ペットがいる場合は爪とぎされる可能性があります。

 

うちの猫は、背伸びして爪とぎをしていました。

テープに穴が空き、テープがずれました。

爪とぎしているのを見たら注意はしますが…猫がいたずらをやめるのは難しいです。

恐らく、爪とぎを5回以上しています。

エアコン 配管カバー 猫 爪とぎ

対策を取らなければ、そのうちテープが破れてしまうと思います。

そうなってからでは、見た目が悪いでは済まされません!
また、配管がむき出しになってしまうのは危険です。

猫にも悪癖がついてしまいますし。

 

 

配管カバーを簡単にDIYしてみる!

業者に頼むのは面倒…。

悩んだ末に、DIYしてみました!

 

<材料>

  • PPシート …2枚
  • 両面テープ
  • マスキングテープ

 

PPシートは、100円ショップで購入しました。

※厚みがあり、ツルツルした表面です。

乳白色で、両面つや消しタイプです。

私が100円ショップで見た時は、この種類しかありませんでした。
工作などに使うもののようです。

猫 エアコンの配管カバー DIY

 

どちらかの端に、両面テープを貼ります。

粘着の強度を強めるため、テープは2列にしました。

エアコン 配管カバー DIY

 

配管をぐるっと覆うように丸め、両面テープでとめます。

それだけだと、外れそうで不安だったので、上からマスキングテープで補強しました。
マスキングテープのおかげで、しっかり固定されました。

エアコン 配管カバー DIY

 

マスキングテープがある面を配管の裏にしたいので、グルグル回して移動させます。
エアコン 配管カバー DIY

 

これを上にも、もう1つ作ると完成!

エアコン 配管カバー DIY
今は、空気清浄機を置くことで配管を目立たせないようにしています。

遠目で見たら、そんなに分からないですよね。

 

猫が空気清浄機の上に乗ることもありますが、爪とぎは完全に出来なくなりました。

 

材料費も安く、DIYの時間もかかりませんでしたが、今のところ満足しています。

よく見られると手作り感が満載ですが、うちには十分です。

 

PPカバーの残りで、猫トイレに目隠しカバーを設置しました↓

猫 トイレカバー DIY 簡単 PPシート 砂が飛ばない
【簡単DIY】ケージの中にある猫トイレに目隠しカバーをつけると、猫も安心&砂も飛び散らない。

 

 

感想

エアコンの配管を守る・見た目を良くする化粧カバーは、ペットのいる家庭では必要になる可能性があります。

配管を通す穴の位置が下にある場合、爪とぎをする可能性があるので注意してください。

追加料金をかけて化粧カバーを設置するのが望ましいですが、今回は100円ショップのPPシートでDIYしました。

設置から半年以上経ちますが、問題なく使えています。

猫も、爪とぎしていたことを忘れているようです。

 

ありがとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください