【賃貸】猫が引き戸を勝手に開けてしまう!傷もつく! ワイヤーラックで簡単DIYフェンスを作ろう。 | ゆうきYUKIの巣 

【賃貸】猫が引き戸を勝手に開けてしまう!傷もつく! ワイヤーラックで簡単DIYフェンスを作ろう。

猫 引き戸 フェンス 脱走防止 爪とぎ防止

こんにちは、ゆうきYUKIです。

猫が、引き戸を開けてしまう・引き戸を開けようと爪で傷をつけてしまう…。

それを防止するフェンスを作りました。

「引き戸用フェンス」をDIY

猫が引き戸を開けるのは、爪が引き戸の隙間に入るからです。
小さな隙間でも、爪さえ入ってしまえば猫の好き勝手し放題なのです。

でも、どうしても猫に入ってほしくない部屋、あるいは、一つの部屋に入っていて欲しい時ってあります。
そんな時に、スッと開けられると困りますよね。
または、開けようと爪を扉に立てられても…困ります。

 

うちは、猫部屋が畳です。
押入れの横が出入り口になっているため、ドアは引き戸1つです。

この引き戸を、「ここから出せー」と引っかくんです…。
「賃貸だからやめてー」と言っても、猫は聞いてくれません。

 

まだこれからも進化するかもしれませんが、DIYしました。

〈用意するもの〉

突っ張りポール  天井と床で突っ張れる長さ。

ワイヤーラック  100円ショップで購入。3枚。

結束バンド    100円ショップで購入。

 

突っ張りポールは、ホームセンターなどにも売っていますし、ネットでも買えます。
私は念のため、太いタイプを使っています。

天井から床までの高さを測った上で、突っ張り棒は選んで下さい。

ワイヤーラックは、100円ショップの物です。
横幅は小さめを買いました。猫 引き戸 フェンス 脱走防止 爪とぎ防止
猫 引き戸 フェンス 脱走防止 爪とぎ防止

突っ張りポールを立てます。
引き戸の端より、少し内側に。そこに、フェンスを2枚上下に結束バンドで止めていきます。猫 引き戸 フェンス 脱走防止 爪とぎ防止

ワイラーラックの隙間は結構大きいので、猫の手が入ってしまいます。
うちの猫も、隙間から手をいれて、爪で開けようと…もがいていました…。

下のフェンス部分、猫が手を入れる高さの部分にフェンスを足します
その際、少しフェンスをずらし、フェンスの穴が小さくなるようにします。

猫 引き戸 フェンス 脱走防止 爪とぎ防止
分かりますか?
フェンスの目を小さくするためにズラしています。
ネットなどを貼ると良いんでしょうが…面倒なのでこれで。

猫 引き戸 フェンス 脱走防止 爪とぎ防止
完成です。

簡単ですよね。

もし、これでも爪で引っかくようならワイヤーラックにフェンスを貼ろうと思います。
網戸みたいなタイプのものを。

 

前住んでいた家では、賃貸ではなかったのにで簡易的な鍵を付けていました。

でも、鍵だと片方からしか出入りできないので不便でした。

「猫が勝手に開けない・爪で傷つけない」ためには、フェンスや木などで、ガードするのが一番良いと思います。

 

突っ張り棒を使わずに、壁と家具の間に挟むタイプの爪とぎガードもDIYしました。記事はコチラ↓

http://yuukiyukinosu.com/cat-diy-nail-clippers-protect-furniture

 

まとめ

猫が引き戸を開けるのは、隙間に爪が入るから開けられるのです。
爪を入れられないようにすれば、猫も扉を開けません。

また、賃貸で扉を傷つけられたくない場合も、フェンスは有効だと思います。
お金もあまり掛かりませんし、簡単なDIYです。

このフェンスでも猫が突破してしまうようなら、また考えたいと思います。
しばらく様子を見てみます。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.